闇鍋.exe

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)中心の長文置き場

「デザート・キングダム」の感想・レビュー

 

これも昔の感想をかるく推敲したもの。 せっかくだし載せます。ただキャラ感想がひとり足りないんだよね…そこの文章だけどこにあるか発掘できなかった。ごめんね。

 

舞台は「砂漠の王国」、主人公は「魔人と人間のハーフのお姫様」。 乙女ゲーだけど、一番魅力的なキャラは姫なんじゃないか?と思うゲーム。オトメイトだし、デフォルト名のボイス有でもよかったと思う。
アスパシアは15歳より幼く見えるロリ顔ロリ体系で強気だけど、魔人生まれということですれたところのない真っ直ぐな少女。人外が蔓延る王国で育っただけに人間の常識に疎く、路上で野宿するわ敬語は全く使わんわ。だけどそのストレートなところが魅力的。「攻略キャラが主人公に惚れた理由がわかるゲーム」ってのは結構レア、彼女の言動を見るとプレイヤーからしても「そりゃ惚れるよなあ‥‥」と思うので。

花邑まいさんがはじめてメイングラフィッカー担当したゲーム(たぶん)。絵柄はカラマリとかアムネシアに比べると、みんな童顔で丸っこい。可愛くて好みだけど「実年齢より若いな!」って感じるときはある。でも花邑さんはこの頃から絵がウマいしメチャクチャ魅力的だ。「女の子を描くほうが好き」みたいな発言を彼女の画集で見たおぼえがあるんだけど、たしかにデザキンの絵柄は丸っこくて「美少女系が好きなのかなー」という印象を抱いた。かと思ったらアムネシア辺りでシャープな男性もメチャクチャうまくなってて、もともと絵がうまかったのに「美少女は美少女として」描けて「イケメンはイケメンとして」描けて、どっちかがうまい人ならインターネットにゴロゴロいるけど両方キメられるならそりゃ人気出るよなあと納得。鬼に金棒だわ。

 

プレイヤーに対するメタ発言もあるし、アラビアンテイストだけど時代考証ふっとばした表現てんこもりだし、ヒロインはウインドウつきぬけてアッパーでツッコミするし、要するにマジメな作品じゃない。パッケージとか明るくて取っつきやすい印象だけど、わりと人を選びそう。上記の通りヒロインのキャラが強いので彼女を好きになれないと本作は楽しめなさそうだし、なによりメタが混じったギャグのセンスが合わないとキツいと思う。でもパロディはあんま無いし、しめるところはちゃんとしめてるよ。ヒロインを好きになれたしキャラの掛け合いは楽しめたし、わたしは面白かった!

 

あとはキャラ感想。

 

セラ  声 - KENN

金髪の軽ーい感じの雑貨屋の青年。
と、思いきや実は滅亡したはずの王族の生き残り。 オカマのファッションデザイナーのあくどーい計画に巻き込まれながらも、もう一度王族に返り咲こうとしていた。といっても自己願望のためではなく、王国の住人のため。

ラスト、瀕死になりながらも国民への演説は熱い。コレを見て、「自分が来たのはセラを助けるため」って考えたアスパシアは成長したなあ。元ヤンっぽい口調は特に生かされなかった。甘さはホント薄味、というかほぼ表面に塩ふっただけってレベル。ハグはあったけど恋愛ってより人間的な暖かさを求めての行為だし。 オマケでサービスはあったものの、「ここからは全年齢では表現できない」ってそういうことをお前が言うと雰囲気ブチ壊し笑った。 濡れ場いうなよ、でもそういうのがデザキンらしいよね。 「明るく楽しくバカバカしくなきゃ僕たちじゃないよね」

シャロン・アダバット 声 - 松風雅也

現宰相。 EVUUから来たアスパシアを疑うことなく、世迷言と切り捨てるまでもなく、ちゃんと信頼に当たる人間だと判断してくれた。 この辺の会話見ても、アスパシアは結構頭いいよね。 計算してるわけじゃなくて、素の彼女の考えなんだろうけど。

クソマジメ一辺ではなく、子供に友好的な柔軟性もある。 わりと面倒見がよく、「自分と結婚する相手は自分が忙しくてあんま会話できなくて不幸にしそう」と相手のことを考えている。

キングダムの簒奪者(さんだつしゃ)と聞いても、ウジウジ悩まずに本人に確認するまで気にしないってのがアスパシアらしくていいね。 コレは普通の乙女ゲーだったら数ページはかせげたぞ。 

ヨーロッパ風の古典的なドレスが好きなんだ…へえ…。でも露出は多かったね! と、思ったらウンバラがツッコんだサンキュー。


シャロンは自己評価が低いね。 ハイリターンの相手だから交流していたはずのアスパシアが相手に惹かれる描写も丁寧。 シャロンも王国をよりよくしたいと考えているけど、どうしても癒着なんかの陰部は存在してしまう。 今までは見過ごしていたけど、まっすぐなアスパシアの言葉で行動に移す。 

豚プッチを牢にブチこむために舞踏会を利用して、自分が剣に刺されてまで、キングダムのために献身する自己犠牲。 メガネ美女レノマーンの「シャロンといても面白みが無いから楽しめないぞ~~(要約)」に対するアスパシアの「そう?私は充分楽しいけど」がいいね。


アスパシアもシャロンを信じたいのに、シャロンは好きにすればいいスタイルでカッーッ。 イシュマールに相談することで、自分が恋していることに気付く。 今のアスパシアは以前の享楽的な魔人ではなく、悩む人間そのもの。 だけど、それが今ではいやじゃない。「王家復活」は宰相としての望み。だけど、それはシャロン自身の本当の願望じゃない。 本当の望みは「自由になりたい」。豚とオカマがコンビを組んで、ピンチになりかけて、アスパシアの力で全てを解決できる。 だけど、人の事象は人の力で解決したい。シャロンが宰相として国民に献身していたことをちゃんと国民は知っている。 革命で解決や。

・ヴィ 声 - 野宮一範

ルー語アサシン。金と引き換えにどんな願いも人の力で叶える宗教組織・教団モスキーノ所属。好感度あがる理由が謎。植物の観察見るだけでなんであがるんだ。

神の代わりに金と力で願いを叶える方針の教団に属していても、本当の神はもっと触れられない遠い存在的なポエムを言うヴィ。神か?という問いにイエスと答えたら、何か様子がおかしくなるし、ルーレットには「戻りたい」という謎の選択肢が出るし。 願いも自分の年も事故に遭った記憶すらも、何もかもがあやふやなヴィだけどたったひとつ「本物の神を求めている」だけはハッキリしている。 その思いに感化されたアスパシアは協力することに決める。 なぜだかわからないけどこれまた大切なものである犬笛をアスパシアに託すヴィ。

 

ここで、

「考えてみたら、誰かの大切なものを預かるって、私、初めてだった。」
「こういうのってなんか嬉しいね。信頼されてるんだなーって感じで。大事に預かるから!」

これで惚れない男いるの?

ヴィは教団に逆らって、ターゲットを王国に二度と来ないことを誓わせて逃がしてる。 殺人を犯したことのないヴィに安心するアスパシア。 出た!オカマの共通コーデシーン。肩でてる以外は普通のデート服じゃん。ヴィはアムネシアみたいな服ですね! メシマズすらも良い思い出に帰るアスパシアキュート。
で、ヴィは天涯孤独の身だけどキングダムの人々に育てられ、人間の善を信じていた彼が、神を信仰するのは自然な事だった。 そしてその時はまだまともなところもあった教団に入り、アサシンとして不殺を突き通していた。 しかし、鴉というキメラを創ったサイコパスシャロンのもとを訪れ、始末するために彼が異教徒だという情報を教団に流し、そこでヴィがきて鴉に取りつかれた。「ハム」という本名も忘れ、意識の混濁と殺人衝動に犯されていたのだ。 シャロンは教団を追い出すために、セラに危害を与えたとしてヴィを利用する。 ヴィは悪意を持たない、だから教団壊滅も願いでは無く祈りのようなもの。 魔神は神であるがゆえに、祈りを聞いて何もできないこともある。見守ることしかできない。 だけど人間と魔神のハーフであるアスパシアなら、一緒に寄り添うこともできる。 鴉の「(鳥の頃に)戻りたい」って願いを叶えて、国外通報されるけど今まで見逃してきた人間たちが匿ってくれるグッドエンドのほうが好き。 オカマもシャロンも、ヴィを駒のように扱い、大きなもののためなら小さな犠牲は仕方ないスタイルだけど、アスパシアの「ならその一人を救うのも魔神の役目でもあるわ(うろ覚え)」がカッコイイ。


ヴィの「神(アスパシア)の傍に」を叶えると、ウンバラの助けもあってアスパシアが真の魔人でヴィは精霊化する。 精霊化したらカタコトは無くなるし、ヴィの方が強引でイチャイチャするしわらった。 これは突然の鴉で笑ったけど、ヴィがアスパシアに惚れる理由はメチャわかるけど、 逆に魔神になることを諦めてまで思い入れした理由が薄いかも。 そういや鴉の願い叶えたからゲージはたまったのかな????わかんない。

レジェッタ・サマル 声 - 市来光弘

魔人の卵という願いを叶える宝を探すオレンジ髪。「人気投票で最下位系」に笑っちまった、メタネタ多いなー。


魔人を信じるかはともかく、願いを叶えられる事実は信じているレジェッタ。 卵のありかが書かれている神の言葉の文書が読めなかったときもガッカリせずにはげましてくれた。 ほかの人間のように失敗して暴言をはいたりしない彼に好意を抱いたアスパシア。 そして、レジェッタも冒険家で秘宝を探していることをバカにされなかったので嬉しい。 彼の願いは王家復活。トラを怯えずになでたアスパシアを信頼するまっすぐな彼。 レジェッタに難で探してるの?って聞かれて、「え?会いたいからに決まってんじゃん。 私、レジェッタと話してるの好きなんけどな。レジェッタは迷惑だった?」って言う姫、タラシ…。

女慣れしてない子供のレジェッタは、アスパシアに好意を抱いているのだった。 ニヤニヤパート。このときのアスパシアの反応がはわわ/////じゃなくて、男らしすぎわらった。 王国の地下にある魔人アスラの神殿に向かう。 急に80年代の脱出ゲー風になったのムダに凝ってる。 王家復活を願っていたのは、学生時代の友人のセラのためだった。 純粋培養のプレイヤーは乙女ゲーやらないとか言うなwwwwwwメタ発言ひどいwwww 神は人間の隣人だから、神を信仰しているほうのレジェッタ。 いじめられっこだったのでセラ兄貴を引き留めてしまい、その間にセラの祖国は大変なことになってた。 だから、好きな人は引き留めないと決意してる。 イシュマール×主教わらった。主教はピンク髪ふわふわのかわいこちゃんだから、お幸せに? レジェッタが魔人の卵使わなくても、セラは王家をゲッツするんだね。 セラパパが数年前に枯渇した水を復活させて、代償に子豚の姿で地下の神官をやっていた。

神は全能ではなく、人間の隣人であるってのがテーマだな。人の努力で乗り越えられる試練ってこと。人間は醜い所もあるけれど必死に努力して願いをかなえようとしている。 だから、神はそれを貶めないためにもかなえる必要はない。 レジェッタとウンバラが地味に交流してるのよかった。今までの攻略対象は直接話したことなかったもんね。

グッドエンドだと人間になったアスパシアが一緒に海に冒険の旅へ出て、いつか自力で祖国にもどることを決意。

ベストエンドだと人間になって旅するのは一緒だね。地下ペンギンと出会って、魔人も人も願いは一緒ってのを知るのが違う。 努力してそれでもダメで神に頼むのが祈り。 この2人はキュンってより、ピュアピュアっていうか純度100パーっていうか互いが互いを正しいかたちで尊重している感がすごい。 ベストカップル。 あと、ヴィの顔の緑のやつとか、レジェッタの頭のハムスターにメタツッコミわらった。

イシュマール・ヤハヴ 声 - 津田健次郎

堅物毒舌童顔。ニヤニヤ枠。 一緒にベッドで寝る所とか、わざわざアスパシアのためにピンクのクッション買うとことかね。 神の存在を否定する彼が、望みを叶える魔人の姫と出会った。 そして、アスパシアと思いを積み重ねていったらどうなるのか。 結局、否定していたはずが誰よりも神の存在を信じたかったのだ。 グッドもベストエンドも、どちらもアスパシアは人間となって彼と歩んでゆくオチ。 イシュマールが好きなゆるふわ最高神や、メガネ姉さまもイイキャラしてた。 デザキンはヒロインだけでなく悪意が薄くて、胃がキリキリしなくていいね。 バッドは、アスパシアの母がここの宗教の最高神だったということが発覚。 人間となって病気になった末、記憶喪失となったアスパシアは奇しくも母と同じく美しき無垢な最高神となったのだ。 そういうかんじ。