読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」の感想・レビュー

女性向き‐全年齢

 絶対迷宮 秘密のおやゆび姫-公式サイト-

 

今時珍しいぐらいまっとうなメルヘンを突き通している作品。
王道なメルヘンというと子供が楽しめるようなものを想像して、すこし退屈なように思えるけど、この作品はストーリーラインにしてもインターフェースにしてもメルヘンと真摯に向き合っているからちゃんと面白かった。


シナリオは、おとぎ話然としたやわらかい文章で語られる。だけど、たまにギャグとして現代のスラングがはさまれる。世界観を崩すほどじゃないけど、ここはちょっと気になったかな。でもコレがあるおかげで、奴隷商人や娼館といったダークな部分を緩和している。たまに血なまぐさくなるのは、グリム童話とかもそういう面あったしメルヘンなら避けては通れないか。

 

ファンタジーな冒険小説のような流れで共通ルートが長いので、恋愛要素は終盤で回収するドタバタになってしまい、いささか急。
まあでもヒロインが嫌いになるところがない良い子だから一緒にいる間に好きになるか、とそこまで気にならなかった。

ヒロインのおやゆび姫は、ボイス付きで個性も強い、そして性格が良い。
おやゆびサイズになるから戦闘では役に立たないけど、でしゃばらすぎず守られすぎずな塩梅がうまかった。身体のサイズ的にも世界観に合ったプラトニックラブが多く、それが恋愛要素がやや薄い理由のひとつか。そのかわり全キャラのルートでキススチルがあるのでそこでなんとか。そのときはちゃんと人間と同じサイズになってます。


乙女ゲーにしては珍しく百合要素があり、口にキスをするシーンがあるけど、メルヘンな舞台で生々しさが薄いうえに恋愛ではなくて親愛の延長なので万人向けにはされてるんじゃないでしょうか。(私は百合オッケーオッケーなので、あまり参考にはならないと思うけど。)
一応、百合や流血シーンをカットすることもできるけど、そのシーンでスチルがあるのでフルコンするなら回避しないのがオススメ。
グロはたいしたことないです。CERO・Cなのはアヒルの下ネタトークが影響してるのでは?

 

戦闘が多いけど、カットインやBGMなど細かい演出がいいから飽きない。
スチルや差分の多さ、サブキャラにもちゃんと立ち絵を用意したり、服を変えたらちゃんと立ち絵に反映するなど、そういう細かい部分が丁寧。
本作が文字だけの小説だったら序盤で飽きてしまいそうだけど、目と耳で楽しませてくれるゲームならではの演出をとても生かしていた。

 

システムは、制限時間のある選択肢がいささかクセがある。前の選択肢に戻るボタンがあるしそこはいいんだけど、問題は次の選択肢に進むボタン。これが遅い、ナウローディングが表示されてから2分とかザラ。ここは素直に既読スキップにしたほうがいい。
登場人物の多さのわりに好感度システムが無く、既読のチェックが表示されないので、そこはすこし不便だった。

 

爆発的にテンションが上がることはなかったけど、モチベーションが下がることのない良作のファンタジーADVだった。丁寧に作ったんだろうな~~と感じたし、作品全体から癒しのオーラが出てる。だからかやっていて暖かい気持ちになったし、バッドも鬱というよりは童話っぽいダークさだったので、最後までメルヘンを突き通した作品でした。氷姫ルートと花の王子ルートが好きです。