読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん」の感想・レビュー

f:id:kame0game:20161001220920j:plain

f:id:kame0game:20161005095731j:plain

 

金髪!褐色!でかい!ギャル!パンモロ!棒アイス!
性のメタファーどころか直球ドまんなかパッケージに加えてこのタイトル、どう考えても抜きゲー路線だと思ってたらシナリオが良いと聞いて2000円以下だし購入。
おもしろかったです。褐色属性は無かったけど、本作で褐色女子に目覚めたわ。 

でもグラフィックもシナリオもキャラクターもいいのに2000円以下でいいんですかね?
そう思える作品でした。

 

 

ロープライス作品なので、ヒロインは褐色ギャルの「ちーちゃん」のみ。
主人公の通称「こーちん」に勉強教えてもらうかわりに彼のちんこの面倒を見る……という導入。今書いてて(今更)きづいたけど「こーちん」というあだ名も男性器の名前をもじってるじゃんワハハ。

と、まあバカゲーなのに内容は意外にとても丁寧。
ちーちゃんとこーちんがくっつくまでの過程がちゃんと積み重なっているし、こまやかな日常描写は読んでておもしろい。明るいエロがメインながらも、ちーちゃんの彼氏や家庭環境の話が絡む後半はすこしほろ苦く、よくできた短編だった。

 

ちーちゃんはゲップするし歯に陰毛はさまるしエロゲキャラにしては生々しいところが多いものの、いやみのないプリティーなキャラ。

「ちーちゃんは浴衣も大事で、フェラチオも大事で、両方とも大事なのだから、一滴も零すわけにはいなかったのだ。」

よく考えなくても色んな意味でスゴいセリフだけど、ちーちゃんを端的に表していてメッチャ良いセリフだと思う。

そして、こーちんは見た目はふくよかでも内面は(変態)紳士。
「バカだけど~~~」は、ちーちゃんもこーちんもスケベだから始まった物語で、たがいがたがいを支えあっている応援したくなるカップルだった。

 

はましま先生のグラフィックはハイクオリティ。
画力の高さとちーちゃんのゴージャスな容姿があいまって西洋美術のような裸体に見えるときもあるし、濃厚なエロもしっかり。
本番が一回でフェラメインだから、ちーちゃんの宝石みたいにキラキラした眼がスチルで映えるシーンが多くてグッド。

 

とにかくちーちゃんとこーちんのやり取りがほほえましくて、ずっといたくなるような居心地の良さ。
後日談も読めたし、後味もさわやかな良作だった。