闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「黒蝶のサイケデリカ」の感想・レビュー

やたら評価が高いので、ずっと気になっていた本作。
謎の洋館。記憶喪失のヒロイン。続々と合流する男性キャラたち。
「閉鎖空間で女性はひとり。つり橋効果で愛情が芽生えるオーソドックスな館モノか。」とプレイ前は思っていた。
しかし、そうは問屋がおろさなかった。

 

あと、これからプレイしようと考えているのなら一周目は攻略サイトを見ないほうがいい。
というかネタバレは畳んでるけれど、このレビューも見ないほうが楽しいと思う。

 

前述のとおり、巷で高評価ということで二転三転するシナリオを期待していたら思ったより真相はベタだった。

核の部分は途中でなんとなく察し、一周目は「色々あったけどまとまった」という雑感で、アレ以外(プレイすればわかる)は特に強烈な印象を抱かなかった。
しかし、1周目の布石は2周目以降でボディブローのようにジワジワ効いていく。

 

本作で評価されているところは、物語の意外性というよりも、たくさんのIF(もしも)をプレイヤーに考えさせる余韻を残す点だと思う。
登場人物への思い入れが強くなるほどに前述の点の効果は強くなり、抒情的な音楽や優れた演出(縦横無尽にかけめぐる立絵や光の粒子の蝶がはためく美しいモーションはハードがvitaだからできる軽快な動作だった。)もあいまって、結果的に多くのプレイヤーから評価を得たんだと思う。

 

乙女ゲヒロインにボイスはあったほうがいいのか?ってのは永遠の問いだけど、この作品は無かったら魅力半減だった。
中原麻衣さんの喜怒哀楽の演技が全部堪能できるから、ファンは即フルプライスで買えって感じですね。
ひぐらしと人衰しか知らなかったけど、抑揚と息継ぎがとても良かった。

ヒロイン以外の声優さんも、もちろんすばらしかった。
特に1週目で驚いたキャラは、激しい感情の触れ幅を見せたかと思えば哀切さをよぎらせるところなど、一番印象に残った演技だった。

 

システムはフローチャート式。
攻略に若干クセがあり、その辺はグーグルの広大な海にあるだろうからここでは割愛。
ちなみに私は1週目エンドを5回ぐらい繰り返して?????だった。

あと、オトメイト作品恒例の謎ミニゲームの蝶シューティングはコツ掴んだら楽しかった。コツとしては複数ロックオンしないとスコアは上がらないぞ。

 

だれが言ったか、「極彩色の幻想を黒色の真実のうえから塗りつけた」という表現が的確な作品。
ジャンル「幻想怪奇アドベンチャー」の通り、恋愛アドベンチャーというよりは恋愛要素のあるアドベンチャーだった。

 

あとはネタバレ感想。

本作で一貫しているのは「死者は絶対に生き返らない」。
大団円エンドは、あくまでIFなので鉤翅は生き返ったわけではない。
緋影は個別ルートでウサギと共に転生していると受け取れるエンドがあるけど、それは明言されていない。
意地の悪い言い方をすれば、他人の空似をプレイヤーが勝手に「救い」としてすがっている見方もある。
(でもこんな事かいててアレだけど、どう見ても兄妹だから公式の見解は前者だと思う。)

 

死生論のテーマが好きなので、この作品は好み。
でもそのテーマを扱っていると記すこと自体が大きなネタバレになるので、あんまおおっぴらには話せない。

 

・鉤翅

ホワホワお兄さん系。特に好みじゃないのでノーマーク。
で、真相。
現実世界の文化に疎かったり、性的なことに弱いわけだよ。

 

個別エンドは一種類。
これが「このゲームでは死人がよみがえることはない」って断言しているようで…。
BGM「傷」のエンド、だいたい謎のメランコリックで泣いてますね。
そのエンドも新婚風景がチュッチュしてるけどやたらプラトニックで、CERO・Aに余裕で通過できそうなのは中身が小学生だからか…。
といっても館にいる間に本とかで情緒は成長して、図体に合った精神を持っているだろうけど。

 

本編でもあったけど、彼はアイと自分が幸せになるためなら誰かを犠牲にしてもやむなしスタイル。
それはやっぱり環境が影響している。
やるせないけど、彼はどうあがいても死人なのだ。
そして大団円エンドはIF。この裏で緋影は解放されてないのかどっちだ。

 

 

・鴉翅

「密原(スイートクラウン)と壱波(絶対階級学園)のヤバい部分ハイブリット系っぽい。」とプレイメモで呟いていた。
フタをあけてみたら、過去に色々あったけど色々がんばって色々苦悩して…なんかごめんね……。
でもわたしは密原は置いといて壱波はメチャ好みだよ!

 

1週目でたどりついたのが、「つらいことだらけの現実世界なんてほっとこーよ夢の中にずっといようセックスエンド」。
おまえ病み枠だったのか…からの「オレを見てよ…」「キスしちゃうよ…?」で床ローリング。

 

「からすば=未来。べにゆりが過去ではなく現実と未来に向き合うまで話だったんだねサイケデリカは」

これが、アキルート途中のプレイメモ。
でも、アキは弱い自分とムリヤリ決別しようとして、彼も過去に縛られた一人だったのだ。
この享楽的な印象からのギャップすき。

現実世界の紅百合は過去に執着してるけど、ある意味彼女の心は鉤翅のモノということ。
恋愛的な意味ではないけれど、鉤翅のことがウェイトを占めている。
そして自分(アキ)のことを避けている。
それは焦燥するよなアキ。

そっから考えると鴉翅エンドとアキエンドは、光と闇というよりはカードの裏表みたいな感じがイイですね。

 


・山都

メチャ短気だな!とビビってたけど、ちゃんと謝るツンデレ好きと途中から手のひら返し。
そしたら背負ってるもんが重い重い。
過去に縛られて秘密を抱えて、ひとり罪の意識を背負っている。
ポジションはアキと一緒だけど、過去にやらかしたことが重い。

山都にとっては後悔のリボンが、紋白にとっては希望。
そしてベストエンドでは紋白と同じく希望になる。このへんうまい。

 


・紋白

最初オープニングでコイツがラスボスか~~と思ってた。
そういやフルコンしたあとだとオープニングのネタバレ率たかいね。

距離感ゼロで館の原住民かなにかかな?って予想してたけど幼馴染だったね。
そして緋影のミスリードだったね。

紋白は鉤翅の逆。
実際は植物状態だけど、自分が死んだことを受け入れてるのが強い。

ほかのみんなのバッド?エンドが共依存タイプなのに比べて、紋白はちょっと毛色が違った。
(ほんとうに毛色が違ったのは緋影だったけど。)
アイは現実を生きるけど、鉤翅の存在が紋白に変化しただけ。
そしてこのエンドは山都と鴉翅が目覚めるか不明だもんね。

あと、海っぽい虚無空間のキスシーンでウッ。
コレもまたBGM~傷~。

 

・緋影

紅百合を生き返らせるため頑張ってんのかな???→ラスボス→うそだろ…。
印象推移がこんなんだった。

ラスボス特有2段変化の立ち絵と、水を得た魚のような豹変展開はテンションあがった。
ツンデレ僕かと思ったら、まさかのラスボス。
そして、素顔と本名不明のまま終わる。
仲間でいた時は演技って言ってるし(ポロポロ素の部分出てたけど)、パーソナリティーここまで不明の攻略キャラいたか?

 

蝶の朗読すきです。
彼のルートはタイトル回収ルートであり、エッ?!ルートでもある。

結局死んでしまうという目玉ポーン展開に加えて、大団円エンドに彼の姿はない。
緋影は関わりゼロ。
アイと彼の生涯は平行線で、本来なら絶対に交わらない。
それが数々の悲劇の影響で偶発的に交わることになった。
そして交友を深めるうちに、皮肉なこのエンドにたどりつく。
こんなのってないよおおお(だっけ)だよ。

 

仮面ライダー井上脚本並みに、罪を犯したものは見合った業を背負うだよ。
一概に彼だけが悪いとはいえず、胸糞環境やウサギちゃんへの思いやらなんやらがミックスされて、こうなったからなあ。
でも万華鏡のために犠牲にした人がいるのは事実で、緋影の存在自体が善悪白黒キッチリわけられるものでもない。
そう考えると、このエンドは順当だ。
この条件でイチャイチャハッピー☆に持ってく方法は私には???。

一方でアイハーレム、一方で関わりゼロのサイケデリカ。
緋影ルートは恋愛アドベンチャーじゃなかったよ。