読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「MESSIAH ~Paranoia・Paradox~」の感想・レビュー

女性向き-BL-成人

 

アリスインワンダーランドならぬタクトインワンダーランド。

本編が陰鬱なロマネスクだったのに比べて、ファンディスクの本作は明るくはっちゃけている。
とはいえ、さすがに煌ルートはシリアスだけど。
私は童話モチーフが好みなので、この雰囲気に素直にひたれた。

 

あいかわらずCGは艶っぽい。
スチルの一枚一枚が絵になる美しさで、コレだけで購入した価値はある。
アリスモチーフの服装がそれぞれ凝っていて、拓人のフリフリな白服が男性が着ていてもさほど違和感が無く、品のある感じが彼に似合っていていいなあと感じた。
イメージとしては聖歌隊なのかな?
本編のボンデージといい、CARNELIAN氏は凝った衣装を描くのがうまい。 

 

ボブゲにしては珍しく女性キャラの人数が多く、彼女たちが重要な部分を担っていたからこそボイスが欲しいなーと本編で考えてたら、FDでフルボイスになったのは嬉しい。
バンドメンバーもいいね。

運ゲーとはいえレスポンスが早いカードゲームは思ったほど作業じゃなかったし、こまけえこたあいいんだよ!なコスチュームプレイは頭をからっぽにして楽しめた。 

ほぼ不満はないけど、便利だったクロニクルシステムが踏襲されてなかったのは少し残念。
シーン回想はできるし、話がコンパクトだからお目当てのシーンまでスキップですぐに到達できるので、そこまで気にならないんだけどね。

3日でクリアできたのでボリュームは無いけれど、ファンディスクなことを念頭に置けば全く問題ないので、気軽に楽しめる良い作品だった。

 

 

 

・遼太ルート

遼太は好き嫌いが別れるキャラで、私も本編では「ガキっぽいなー」と思いつつも嫌悪は無かった。
というのも、攻略対象が2人で片方が成熟通り越して達観してる吸血鬼だから、その幼さが普通より引き立って見えるのだと思う。
まあ、ダメな人はダメなキャラだね。

で、FDの話にもどると本作の赤の王遼太はガキっぽいどころか子供そのものに。
その理由は、自分の幼さを拓人に指摘されたケンカから。
最終的に「遼太が成長して自分を超えていくことに恐れを感じた」と拓人が本心を吐露して仲直り。
成長した遼太が指輪を渡すのは、アリスのサービスの夢だろう。

 

幼さを自覚した遼太と彼の成長を肯定する拓人ってことで、きれいな形でおさまったなーと。

印象的だったのは、ラストに子供みたいに走って遼太から逃げるニコニコ拓人。
この夢は子供時代が恵まれなかった拓人を、すこしでも童心に帰らせる役目もあったのかななんて。
遼太ルートはワイワイとしたコメディ中心な基本的にボケしかいない状態で、ツッコミ側にまわる拓人が、苦悩するか喘ぐかのシーンが多かった本編では見せない態度で生き生きしていた。

 

 

・煌ルート

遼太ルートと共通しているテーマがたぶん「対等」で、遼太ルートの拓人と遼太の立ち位置がこちらでは逆転しているのが面白かった。
プライドの高い拓人が煌と対等でいたいがためにぽろっと言ってしまったことが
きっかけのケンカが解消されるまでの話で、「痴話ケンカ」も共通テーマだろうか。

 

甘やかされて愛されるだけじゃイヤっていう拓人の心情が男の矜持を感じさせて、このゲームはボーイズラブだったなと再確認させてくれた。
そして黒服拓人が登場したときは絶対3P展開がくると思っていたのに、別にそんなことはなかった。汚れていたのは私の心だった。
このまま最後までノーセックスで突き進むのかと思いきや、仲直りックスを挟んだのでやっぱりメサイアボブゲ

あとは、ベタだけど出会いの構図をもじった再会のスチルと、夢の世界だからこそ日光をともに浴びることのできるシーンはグッときた。

それにしても捕らえた拓人を鳥かごに閉じこめたシーンといい本編の首輪といい、煌はホント耽美趣味のかたまりだなあ。

 

 

・他

アリスの依頼者は司だった、ということが最後にサプライズとして明かされるけど、つまり陽輔以外のバンドメンバー全員が拓人を狙っていたってことか…。
ホントに魔性の男だな拓人。

 

司の小動物的な可愛さは作中でなんども癒されたけど、

 「でも……―ーー今でも君が誰も信じることができずに孤独を感じているなら……誰も大切に想う存在がないなら……」

「僕と一緒に死のうね、拓人」
「心中はちょっと無理かも知れないけど、僕もすぐ後追いするから」

なセリフには戦慄したしテンションあがった。

州清は怠惰で飽きっぽい色情魔なわりに本編でもFDでも拓人と関係を持ったあとはいちずっぽいし、枕に誘われなくて拓人があのままバンドに所属していたら、そのうち血で血を洗う愛憎劇が水面下で繰り広げられそうな気もする。
でも隠しイベント見ると、司のいじらしさと遼太の幼さじゃ繰り広げないか…、だから今までうまくやってこれたんだな。

そういや話のながれで拓人の好きな酒はキャプテンモーガンとロンリコと判明していたけど自負するだけあって拓人は酒豪だなー。

 

意外だったのはミニゲームの隠し対戦相手は司と予想していたら、拓人だったこと。
この拓人は本編でこわれちまった拓人のパラレルかな、甘さを削いで妖艶な女王様になった拓人はエロスですね。
拓人×遼太は、おねショタ感あると思うのは私だけ?