闇鍋.exe

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)中心の長文置き場

男性向き-成人

「刃鳴散らす(はなちらす)」の感想・レビュー

こういう物語です(ちなみに会社はニトロプラス)。最初の章のサビ、開始1時間?くらいで辿りつけるシーン。ここが私は「刃鳴散らす」で一番好きで、この言葉を見れただけで値段以上の価値があった。わたしが好きな男の関係は”殺し屋1”の垣原とイチ、"バーミ…

「猫撫ディストーション」の感想・レビュー

家族は揺らがない 「猫撫ディストーション」キャッチコピー オーストリアの物理学者、E=シュレーディンガーが考案した量子力学に関する思考実験。ラジウムがα粒子を放出すると毒ガスが発生する装置を猫とともに箱に収め、α崩壊の半減期を経過した後に猫の生…

「それは舞い散る桜のように 完全版」の感想・レビュー

無印版は未プレイ。 古い。いや2002年発売なので古いのは当たり前なのだが古い。学園のプリンセス、毎日起こしに来てくれる妹的存在、やたら女の子とエンカウントする主人公、軽薄で顔の良い男友達1名など。羅列した点は美少女ゲームあるあるだけど、それ以…

「鎖 -クサリ-」の感想・レビュー

「精悍なクレイジー犯罪者」VS「少年少女」のシージャックサスペンス凌辱モノ。Leafさんこんな鬼畜モノも出してたんだね、知らなかった。かわいらしい萌え絵とは裏腹にヒロインは容赦ない目に合う、凌辱モノの冠は伊達じゃない。 音楽・グラフィック・システ…

「俺たちに翼はない After Story」の感想・レビュー

これは“そのあと”の話だけど 僕らが君に語るのは、たとえばこんなロマンス meka.hatenadiary.jp 前作でもあり本編「俺たちに翼はない」をプレイしたのは約2年前。自分でもワケがわからないのだけれど、なぜか去年の秋ごろに再熱してしまいPC版を持っているの…

「素晴らしき日々~不連続存在~ フルボイスHD版」の感想・レビュー

(2019/01/09.誤字があったので修正、ちょっと加筆。) あけましておめでとうございます。年末の挨拶を忘れてました。遅くなりましたが、それも込めて挨拶をします。このブログを定期的に訪れる方がいらしたら(ありがとうございます!)今年も細々と更新して…

VITA「月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~ 」の感想・レビュー

おもしろかった。本作の要素を羅列すると「セレブ」・「女装(主人公)」・「女子校」・「主従」・「服飾」、華やかなモチーフがもりだくさん。そして登場人物のほとんどが良家出身なので、作品全体にやわらかく心地よい、ハイソな雰囲気がある。といっても…

「ハピメア」の感想・レビュー

meka.hatenadiary.jp この作品をプレイしたのは数年前だけど、作品自体の感想は載せてなかった。(上の記事は内藤兄妹に注目している感想です。)当時のメモが発掘されたし結構長文なので、せっかくだし載せておく。思ったままにサラサラと書いてるので感想…

『沙耶の唄』の感想・レビュー

「それは、世界を犯す恋。」。まさにキャッチコピー通りの恋だった。 自分がこの作品を購入した理由はふたつ。ひとつめ、虚淵さん執筆で名の知れた作品だから前からやりたかった。ふたつめ、このブログをしばらく放置する理由になったダンガンロンパV3もと…

『フェアリーテイル・アンコール』『フェアリーテイル・シンファニー』『夢幻廻廊1.5~連鎖~』の感想・レビュー

お久しぶりです。不定期ブログです。今回は短編3本やったので、その感想をまとめて書きます。本文も短いです、なのでネタバレも畳んでないです注意。 ・『フェアリーテイル・アンコール』 『フェアリーテイル・レクイエム』のファンディスク。本編でキーとな…

「フェアリーテイル・レクイエム」の感想・レビュー

Getchu.com:概要 わりとネタバレ 鮮やかなグラフィックと抒情的な文章で彩られる大人のおとぎ話。大石さんでライアーソフトでアリスといえば『Forest』を思い出す、実際は全然ちがう話だよ。でもこっちのアリスも可愛い。 自分はダークなおとぎ話が好きなの…

「FOLKLORE JAM」の感想・レビュー

概要 (わりとネタバレです)あけましておめでとうございます。前の記事で「次にやるのはV3」と言っていましたが、うそを言いました。積みゲーが崩せそうだったので、丸戸さん作品を消化。ちなみに2003年の作品です。 唯我独尊高圧幼なじみ・剛力ちびっこ・…

「俺たちに翼はない」の感想・レビュー

俺たちに翼はない 公式サイト これは"たとえば"の話だけど。僕らが君に語るのは、たとえばそんなメルヘン。 この作品、テンションの高いコメディや軽快な会話劇でコーティングされているけど、中身はなかなか残酷なものがつまっているんですよね。鷹志やカケ…

「ハピメア Fragmentation Dream」の感想・レビュー

ハピメア -Fragmentation Dream-公式サイト 「ハピメア」のファンディスク。「ハピメア Fragmentation Dream」略してハピメアFDなるほどね。 キャッチコピーは、「これは甘くて幸せな、終わりに向かう夢のお話」」。前作の「これは甘くて幸せな悪い夢のお話…

「ク・リトル・リトル 魔女(オトメ)の使役(フレ)る、蟲神(テンシ)の触手(ユビサキ)」の感想・レビュー

フリークス+ラノベバトル+クトゥルフ+忍法帖シリーズ。最初に言っとくと、私はクトゥルフのこと全く知らないからクトゥルフネタにも全く触れない感想です。 あと核のネタバレにふれた概要なので続きはしまっときます。

「Vermilion -BIND OF BLOOD-」の感想・レビュー

Vermilion -Bind of Blood公式 北アメリカ西部にある「鎖輪(ディアスポラ)」というコミュニティ(町)を舞台にした、人間社会に巣くう「縛血者」たち(+ハンター)の群像劇。人間vs吸血鬼vs吸血鬼なエンタメというよりは、吸血鬼(理想・特別)へのアンチ…

「バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん」の感想・レビュー

金髪!褐色!でかい!ギャル!パンモロ!棒アイス!性のメタファーどころか直球ドまんなかパッケージに加えてこのタイトル、どう考えても抜きゲー路線だと思ってたらシナリオが良いと聞いて2000円以下だし購入。おもしろかったです。褐色属性は無かったけど…

「キッキングホースラプソディ」の感想・レビュー

キッキングホース★ラプソディ|ALcot ハニカム 人の恋路の邪魔者を馬に変わって蹴るアルバイト「キッキングホース・ラプソディ」。メンバー3人(+1人)のなかで男はひとり、カップルができたら残りの2人はどうなっちゃうの?って話。 三角関係・修羅場をま…

「リゾートBOIN」の感想・レビュー

「八宝さんのCG集を買ったらゲームがついてきた」とかそういうレベルで考えたほうがいいね。 抜きゲなのは買う前からわかってたからシナリオは…まあ……細かいことはいいんだよ!にしても、ドタバタばっかで話が一向に進まないし共通が長くてスキップ多用して…

「ANGEL TYPE」の感想・レビュー

なんというかやっていてちぐはぐというか妙な違和感があって、クリア後に調べてみたらもともと延期地獄からの会社倒産でその後本作を拾ったのがminoriだったらしく、たぶん完成していたCGとキャラを再構築したのが今回やった「ANGEL TYPE」だったのかなー…

「夢幻廻廊」の感想・レビュー

美しい奥様が支配する館、4人の美しい娘と2人のメイドに囲まれながら記憶喪失の少年が「かとる(家畜)」として過ごすペットライフアドベンチャー。精神(魂)調教ゲームともいう。 散布された多くの謎に惹かれてドンドン読み進められられた。でも最終的に…

「屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様」の感想・レビュー

屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様 上田メタヲさん和泉万夜さんコンビの『ものくろメタル猫』の同人エロゲ。お二人ともプロの方なので、クオリティはさすが。差分が多い多い。 「ジャンル・鬼畜凌辱触手拷問ハートフルほのぼのライフ」の通り、エログロ容赦な…

「プリンセスうぃっちぃずEXCELLENT」の感想・レビュー

「前半は明るくて後半が暗い、ストーリーがイイ」という評判を聞いて、ワクワクして始めたけど期待よりは下回ってしまった。 前半はエロコメディでエロゲ学園モノと魔法少女モノの王道を踏みつつ進んでいき、うってかわって後半は鬱…なのだけど、その鬱って…

「吸血殲鬼ヴェドゴニア」の感想・レビュー

エロゲ版仮面○イダー。実際クウガのオマージュ(タイトル2文字・場所や時間のサブタイトル)があったり、クリーチャーの原案が韮澤さん(仮面○イダー電王とかのクリーチャーデザイン担当の人)。本家の人が関わっているのは驚いた。あと本作発売の数年後に「…

「サフィズムの船窓」の感想・レビュー

サッフォーが生きていたら大歓喜してたかもしれない美少女楽園レズゲー。開始早々世界名作劇場風の画面がイン、校歌に乗せてエロシーンが流れるシュールなオープニングはバカゲーのほうのライアーを期待させてくれる。実際、レズビアン王子様の杏里と魅力的…

「GUN-KATANA(銃刀) -NonHumanKiller-」の感想・レビュー

追憶編クリアしたから追記・修正した(2016.6.16)。 か○はらボイスの弟キャラと丸木シナリオにつられて購入、コレが好みな作品だった。 ただFPSパートっていう面倒くさいけど演出面では光る部分もある諸刃の剣なシステムと、発生条件がめんどうくさいイベン…

「ぼーん・ふりーくす!」を挫折した、そして攻略メモ

主題歌の「Dreht sich!」だけはだいぶ昔から知っていて、個人的に「仮面ラ○ダー剣」の剣崎と始のイメソン(ノットBL)として延々と聞いていた。 特にラストのサビ、 道がなくても突き進め、標消えても突き進め、足を止めずに走り抜け、誓いが僕を駆り立てる…

ハピメアの内藤兄妹におちるとは思っていなかった

「そして今日も俺は夢を見る――」が開始の合図の甘くて悪い夢の話「ハピメア」。 夢ばっかり見てないで現実と向き合おう!的テーマは古今東西のフィクションで扱われるが、そのさきに切りこんで夢を肯定的に受け入れた作品はまれだ。FDの「覚めない夢はない、…