闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「アイドルデスゲーム」発売直後の感想・レビュー

(発売直後の時期、別のブログに載せていた記事です。そちらを閉鎖したしせっかくなのでこちらに載せておきます。) その名の通り、「アイドル達が山奥の洋館を舞台に生死とセンターをかけた争いを繰り広げるアクションアドベンチャー」(アイドルデスゲーム…

更新の話とか諸々

明らかに更新頻度が落ちている本ブログ、というのも新規ゲームを開拓する機会が少なくなったうえに長文もあまり書かなくなったからだ。ゲームをするには時間が必要であり、長文を書くと推敲が必要となる(自分は文章を書くのが遅いのでなおさら)。まあV3に…

「大逆転裁判2」の感想・レビュー

2年前に1をプレイしたときは「まさかの”空の軌跡”パターン?!」と驚愕したものの、無事に続編が発売されたようで一安心。 とはいえ前例があるので様子見ということで2は発売日に買わなかった。 けれども耳にする高評価、期待はふくらみ自然と購入。 1の未消…

『沙耶の唄』の感想・レビュー

「それは、世界を犯す恋。」。まさにキャッチコピー通りの恋だった。 自分がこの作品を購入した理由はふたつ。ひとつめ、虚淵さん執筆で名の知れた作品だから前からやりたかった。ふたつめ、このブログをしばらく放置する理由になったダンガンロンパV3もと…

『ニューダンガンロンパV3』のキャラクター感想【後編】

meka.hatenadiary.jp ※『全員の通信簿・ラブアパートイベント・紅鮭団モードの各エンディング+トゥルーエンド・本編全チャプターの学級裁判を2周した』時点の感想兼考察兼妄想です。予告なしに加筆修正する可能性があります。※上記のネタバレ。※カップリン…

『ニューダンガンロンパV3』のキャラクター感想【前編】

※『全員の通信簿・ラブアパートイベント・紅鮭団モードの各エンディング+トゥルーエンド・本編全チャプターの学級裁判を2周した』時点の感想兼考察兼妄想です。予告なしに加筆修正する可能性があります。※上記のネタバレ。※カップリング(NL・GL)発言を含…

『フェアリーテイル・アンコール』『フェアリーテイル・シンファニー』『夢幻廻廊1.5~連鎖~』の感想・レビュー

お久しぶりです。不定期ブログです。今回は短編3本やったので、その感想をまとめて書きます。本文も短いです、なのでネタバレも畳んでないです注意。 ・『フェアリーテイル・アンコール』 『フェアリーテイル・レクイエム』のファンディスク。本編でキーとな…

「フェアリーテイル・レクイエム」の感想・レビュー

Getchu.com:概要 わりとネタバレ 鮮やかなグラフィックと抒情的な文章で彩られる大人のおとぎ話。大石さんとライアーとアリスといえば『Forest』を思い出した、実際は全然ちがう話だよ。でもこっちのアリスも可愛い。 自分はダークなおとぎ話が好きなので、…

V3と最近購入した積みゲーとカエル畑挫折

おひさしぶりです。なにをしていたかと言うと、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をやっていました。ゲーム自体は三日でクリアしたけれど、なんというか…理性は良作と判断しても感性は複雑という、要するにクリアから数週間経っているの…

「FOLKLORE JAM」の感想・レビュー

概要 (わりとネタバレです)あけましておめでとうございます。前の記事で「次にやるのはV3」と言っていましたが、うそを言いました。積みゲーが崩せそうだったので、丸戸さん作品を消化。ちなみに2003年の作品です。 唯我独尊高圧幼なじみ・剛力ちびっこ・…

2016年のまとめ

この文章を書いているのが2016年が終わる1時間前なので、取り急ぎ今年のことを記しときます。月ごとに印象に残った作品のまとめです。今年はフリーゲームや一般ゲームも色々とやったのですが、それも含めて書くときりがないので恋愛ADVのみで記しておきます…

「古書店街の橋姫」の感想・レビュー

古書店街の橋姫 公式サイト 同人のBLゲームなんですが、グラフィック・BGM・インターフェースなど商業作品と銘打っても勘違いしてしまうクオリティ。PCによってはDLに手間がかかるのがたまに傷とはいえ、良作であることは間違いないと思います。シ…

ダンガンロンパと、緑川さんと、よく似た声の人の話

前の記事で「11月は忙しくて積みゲーを崩せなかった」と書いてて、それは間違ってないのだけれどホントはもうひとつ大きな要因がある。1月に発売するニューダンガンロンパV3に発売前にも関わらずハマってしまったのだ。別所で考察やら妄想やら延々と書きつら…

最近のこと

私事で11月初めから最近までずっとバタバタしていたので、積みゲーを全く崩せていないし感想も全く更新できてなかった。ということで今週から積みゲーを崩します、まずは橋姫。今年はコレともう一作やって終わりかな。レンドとカタハネはやりたかった……。 そ…

「恋愛破局請負人」の感想・レビュー

丸木先生の別名義のBLゲーム。今は無きマリンハート制作で、公式サイトも消えているから簡単にキャラの概要を記しときます。主人公は冴木柳司、コイビト遊戯の裕太に不良要素を足したっぽいキャラ。色気より食い気・単純明快な性格・淫乱で都合のいい体なの…

「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」の感想・レビュー

絶対迷宮 秘密のおやゆび姫-公式サイト- 今時珍しいぐらいまっとうなメルヘンを突き通している作品。王道なメルヘンというと子供が楽しめるようなものを想像して、すこし退屈なように思えるけど、この作品はストーリーラインにしてもインターフェースにして…

「俺たちに翼はない」の感想・レビュー

俺たちに翼はない 公式サイト これは"たとえば"の話だけど。僕らが君に語るのは、たとえばそんなメルヘン。 この作品、テンションの高いコメディや軽快な会話劇でコーティングされているけど、中身はなかなか残酷なものがつまっているんですよね。鷹志やカケ…

「ハピメア Fragmentation Dream」の感想・レビュー

ハピメア -Fragmentation Dream-公式サイト 「ハピメア」のファンディスク。「ハピメア Fragmentation Dream」略してハピメアFDなるほどね。 キャッチコピーは、「これは甘くて幸せな、終わりに向かう夢のお話」」。前作の「これは甘くて幸せな悪い夢のお話…

「ク・リトル・リトル 魔女(オトメ)の使役(フレ)る、蟲神(テンシ)の触手(ユビサキ)」の感想・レビュー

フリークス+ラノベバトル+クトゥルフ+忍法帖シリーズ。最初に言っとくと、私はクトゥルフのこと全く知らないからクトゥルフネタにも全く触れない感想です。 あと核のネタバレにふれた概要なので続きはしまっときます。

「Vermilion -BIND OF BLOOD-」の感想・レビュー

Vermilion -Bind of Blood公式 北アメリカ西部にある「鎖輪(ディアスポラ)」というコミュニティ(町)を舞台にした、人間社会に巣くう「縛血者」たち(+ハンター)の群像劇。人間vs吸血鬼vs吸血鬼なエンタメというよりは、吸血鬼(理想・特別)へのアンチ…

「バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん」の感想・レビュー

金髪!褐色!でかい!ギャル!パンモロ!棒アイス!性のメタファーどころか直球ドまんなかパッケージに加えてこのタイトル、どう考えても抜きゲー路線だと思ってたらシナリオが良いと聞いて2000円以下だし購入。おもしろかったです。褐色属性は無かったけど…

「華アワセ‐姫空木(ひめうつぎ)編‐」の感想・レビュー

華アワセ公式サイト PCゲーム付きムック本ということでレーティングに縛られない奔放な描写(エロ)と、花札をモチーフにした独自の世界観が特徴的な「華アワセ」シリーズ。今回プレイしたのは、第2弾「姫空木編」。前作の「蛟(みずち)編」は発売当初(2…

『ヴァルプルガの詩』の感想・レビュー

1. 「傷物語」を見に行って、軽率なオタクだから「キスショットやエピソードやドラマツルギーみたいな吸血鬼が出るゲームがやりたい」と積みゲーにヴァルプルガがあったから衝動的にプレイ。結果だけ言うと吸血鬼いません、いや吸血はあるけど吸血鬼ってい…

「キッキングホースラプソディ」の感想・レビュー

キッキングホース★ラプソディ|ALcot ハニカム 人の恋路の邪魔者を馬に変わって蹴るアルバイト「キッキングホース・ラプソディ」。メンバー3人(+1人)のなかで男はひとり、カップルができたら残りの2人はどうなっちゃうの?って話。 三角関係・修羅場をま…

「NO,THANK YOU!!!」の感想・レビュー

「太陽がジリジリと肌を焼く。たった一度、最初で最後の夏がはじまる―」キャッチコピーがコレなんだけど、本当に最初で最後の夏だった。 恋愛ADVに復帰したときに評判良いから体験版やったのだけれど、「明るめのバカゲーなのかな?」とスルーしてたんだよね…

「リゾートBOIN」の感想・レビュー

「八宝さんのCG集を買ったらゲームがついてきた」とかそういうレベルで考えたほうがいいね。 抜きゲなのは買う前からわかってたからシナリオは…まあ……細かいことはいいんだよ!にしても、ドタバタばっかで話が一向に進まないし共通が長くてスキップ多用して…

短編とかダンデビとか発売予定の雑記

ダンデビ全話放映を見た 放映時に見てたけど、ニコニコ生放送でやってたのでもう一周。やっぱりダンデビアニメは見るとパワーがわきでる良いラブロマンスミュージカル。なのにゲームが自分的にはイマイチだったのがずっと不思議だったけど、最近その理由がわ…

「ANGEL TYPE」の感想・レビュー

なんというかやっていてちぐはぐというか妙な違和感があって、クリア後に調べてみたらもともと延期地獄からの会社倒産でその後本作を拾ったのがminoriだったらしく、たぶん完成していたCGとキャラを再構築したのが今回やった「ANGEL TYPE」だったのかなー…

「夢幻廻廊」の感想・レビュー

美しい奥様が支配する館、4人の美しい娘と2人のメイドに囲まれながら記憶喪失の少年が「かとる(家畜)」として過ごすペットライフアドベンチャー。精神(魂)調教ゲームともいう。 散布された多くの謎に惹かれてドンドン読み進められられた。でも最終的に…

「屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様」の感想・レビュー

屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様 上田メタヲさん和泉万夜さんコンビの『ものくろメタル猫』の同人エロゲ。お二人ともプロの方なので、クオリティはさすが。差分が多い多い。 「ジャンル・鬼畜凌辱触手拷問ハートフルほのぼのライフ」の通り、エログロ容赦な…