闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「フェアリーテイル・レクイエム」の感想・レビュー

 Getchu.com:概要

わりとネタバレ

 

鮮やかなグラフィックと抒情的な文章で彩られる大人のおとぎ話。
大石さんとライアーとアリスといえば『Forest』を思い出した、実際は全然ちがう話だよ。でもこっちのアリスも可愛い。

 

自分はダークなおとぎ話が好きなので、その時点で最低80点は確定。予想通り、好みの話だった。バッドエンドも味があって印象的なものが多い。というかシナリオのほとんどが本人たちはハッピーだけど第三者から見たらバッド、要するにメリーバッドエンドだらけ。各ルートは童話の再演だから大筋は予想できるかと思いきやそんなことも無く、飽きずにだれずにキッチリまとまってて良かった。
そしてヒロインのルートを全員見たあとに真相ルートに当たるレクイエムルートが開放される。このルートで伏線を全部回収するので『レクイエム』というタイトルを回収して、きれいに終わっている。まあ多少は謎は残っているんだけど、それはFDで回収されているようなのでそっちで期待。ふたりの関係がとても気になる。

 

なんといっても本作は雰囲気が魅力的。
おとぎ話のベールとかわいらしい少女たちで緩和されているけれど一皮めくれば悪意が蔓延。エロシーンも和姦よりも凌辱が多いのがそれらを物語っている。
身も蓋もない言い方をしてしまえば『ルーピーな女の子たちを幻想の世界にひたらせながら性的搾取をする施設』って舞台なのでまあ胸糞。そのリアリスティックというか露悪的なさまと、甘美なメルヘンというアンバランスさが好みすぎた。

そして雰囲気づくりに買っているのは大石さんのグラフィック、これがもう蠱惑的で幻想的でこのかたが担当してなかったら『フェアリーテイル・レクイエム』は違う雰囲気になったんじゃないでしょうか。モブのコラージュ立ち絵やメルヘンなUIも独自性を高めていたよ。

 

シナリオとしてはミクロな視点、個人の物語なので大作ではない。
だけど少年少女たちが大人(現実)になるまでのおとぎ話なので、読後感がさわやか。その後の彼らが気になったけれど、これは「フェアリーテイル・レクイエム」なのでメインはあくまで『おとぎ話が終わるまで』なのかな。
真相ルートバッドも手を抜かず、もうひとつの「フェアリーテイル・レクイエム」で味がある。レクイエムは歌わないけど、享楽的な生活に反比例するかのように色濃い『いつか必ず来るほろび』も味なもんだね。

「つみびとはだれ?」という推理要素があるけど、それはオマケレベル。さっきも言ったけどメインは少年少女の成長物語。ちなみにつみびとは初回で当てられた、あきらかに一人怪しかったよ。
エロを推してはいないけどエロ無しだとこの雰囲気は成立しなさそうなので、エロゲーならではという作品で良かった。

 


そんなかんじで面白い作品だけどライアーはシステムをそろそろ変えないのだろうか。バックログまとめて見れなかったり、バックグラウンドで作動できないのはわりと不便なんだ…。

あとイケノさんはボイスが欲しかったな、彼の役割的にもボイスがあったほうが映えるキャラだと思うし。

「例えばね、アリスにとっての僕は、チェシャ猫で帽子屋でヤマネで三月うさぎ――あの子には色々必要だから。」

初対面のこのセリフにはグッときた。彼は大人だけど幻想に浸っていて、子供たちへの対応が善意だからこそ真相ルートバッドは胸が痛い。衣装も彼が喜々として準備していたんだろうなあ、と思うと色々想像がふくらむ。下着は施設側の指定だと思うけどね、ゲルダの下着見たらさすがに悪意に気づくでしょ。
よく考えたら、各ルートはイケノの誘導があってハッピーエンド(?)になってるんだね。まさに名脇役。

 

それにしても大石さんのグラフィックは本当に良かった。エロというよりは美しい、いやちゃんとエロいシーンもあるんだけど雰囲気がありすぎてエロい!という感情に繋がらなかった(個人的に)。でもゲルダの診察はエロかった、シチュエーション的な意味も含めて。

 

あとはキャラ感想。

 

続きを読む

V3と最近購入した積みゲーとカエル畑挫折

おひさしぶりです。
なにをしていたかと言うと、『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』をやっていました。ゲーム自体は三日でクリアしたけれど、なんというか…理性は良作と判断しても感性は複雑という、要するにクリアから数週間経っているのにも関わらずうまく消化できていない。これについてはそのうち感想を書きます。

カエル畑、挫折

去年からちまちま進めてた『カエル畑DEつかまえて』。
3人(葉村・空閑・広瀬)攻略して、良作だけど自分とは合わない作品だな…と挫折。
シナリオよりもキャラの掛け合いを重視しているように感じたので、ギャグにハマれば夢中になれたけど自分はハマれなかった。いってしまえば飽きてしまった。TAKUYO作品で挫折するのはコレが初めてだなあ。風変りなヒロインは好み。
法月は乙女ゲーにしては珍しいタイプのキャラで、彼のルートまでは頑張りたかったけど攻略制限かかってたのでグッバイ。でもFDのパッケージでネタバレしてるのは笑った。

積みゲーがまた増えた

DMMでセールやってたからスチパンシリーズのパックを購入。
それと、 

meka.hatenadiary.jp

前に言っていた上記のゲームも購入。なお崩せていない。

今は「フェアリーテイル・レクイエム」をちまちま進めているから今月中にはフルコンしたいな。

「FOLKLORE JAM」の感想・レビュー

概要

 

(わりとネタバレです)
あけましておめでとうございます。前の記事で「次にやるのはV3」と言っていましたが、うそを言いました。積みゲーが崩せそうだったので、丸戸さん作品を消化。ちなみに2003年の作品です。

 

唯我独尊高圧幼なじみ・剛力ちびっこ・天然お嬢様に加えて、やたら権力のある執行部に色っぽい保健室の先生、そして主人公がヘタレ。すさまじく(昔の)ラノベっぽい。いや、どっちかっていうと学園モノエロゲの王道を突いてるのか。

絵がエロゲっぽくないリアル頭身。髪ベタの細かさは10年前の絵柄って感じ。
章構成で毎回OP・EDがついてる。1話オカルト研究会発足、2話古都掘り下げ、3話ひなた掘り下げ、4話会長掘り下げ……と自己紹介エピが挟まれたあとに本筋が動いて、最終話だけ分岐するアニメ調。各ルート6話なので、あまり長い作品ではない。

 

丸戸さん作品はNG恋しかやったことないけど、あいかわらず会話のテンポが良いのでサクサク読み進められる。伏線もちゃんと回収される。キャラクターもみんな濃い。
なのに、あまり印象に残らない……。なんでだろう?
のどごしのいい、つるんと飲み込める作品で、オカルト・学園モノ・ラブコメの要素がまんべんなく面白いからこそ尖った面白さは無いというか。贅沢な文句だけど。
あと(最初から好感度の高い維月や碧衣以外の)エロシーンが、いきなりなのがちょっと違和感。序盤の先生同士密会エロシーンとか、全体的にエロをムリヤリねじこんだ感じがする。真相ルートのエロはいらなかったんじゃないかな、唐突すぎるうえに理由もエロに特化しててなんか笑ってしまった。

 

基本的にコメディ調で進むので、都市伝説モノだけどまったくこわくない。
一匹狼だけど「ひとりぼっち」を恐れるひなた、おっとりしてるけど実は真相に近い古都、じつは主人公のために行動していた維月、優等生だけど実はエロい碧衣など、それぞれのヒロインのツボを押さえているのはさすが。でも、きわだって印象に残ってる子はいないな……。強いていうなら、ひなたのギャップは良かった。

なんだかヒロインよりも味のあるサブキャラのほうが印象に残ってる…。
古都のメイド・執事や、あきらかにヤバいものを取引してる駄菓子屋のおじいさんなど。特にメイド3人の会話劇はリズミカルでここちよい。

 

自分は『主人公が謎の童女に狂気的な理由で慕われる』シチュエーションがメチャクチャ好きで、その例に当てはまりそう!という理由でフルコンまで読み進めてたんですが、ウ~~~~ン結構違った。というか彼女たちはとてもまとも。
儀式、生贄、双子、と伝奇モノならではの設定は揃ってるけど、湿っぽくないんですよね。会話の爽快さとか、(伝奇モノとしては)良い意味でも悪い意味でもカラッとしてる。でもそれが読みやすさに繋がってるから難しいところ。

 

そんな感じで、面白いんだけど印象は薄い。不思議な作品だった。