読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

闇鍋

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)の長文感想置き場

「FOLKLORE JAM」の感想・レビュー

概要

 

(わりとネタバレです)
あけましておめでとうございます。前の記事で「次にやるのはV3」と言っていましたが、うそを言いました。積みゲーが崩せそうだったので、丸戸さん作品を消化。ちなみに2003年の作品です。

 

唯我独尊高圧幼なじみ・剛力ちびっこ・天然お嬢様に加えて、やたら権力のある執行部に色っぽい保健室の先生、そして主人公がヘタレ。すさまじく(昔の)ラノベっぽい。いや、どっちかっていうと学園モノエロゲの王道を突いてるのか。

絵がエロゲっぽくないリアル頭身。髪ベタの細かさは10年前の絵柄って感じ。
章構成で毎回OP・EDがついてる。1話オカルト研究会発足、2話古都掘り下げ、3話ひなた掘り下げ、4話会長掘り下げ……と自己紹介エピが挟まれたあとに本筋が動いて、最終話だけ分岐するアニメ調。各ルート6話なので、あまり長い作品ではない。

 

丸戸さん作品はNG恋しかやったことないけど、あいかわらず会話のテンポが良いのでサクサク読み進められる。伏線もちゃんと回収される。キャラクターもみんな濃い。
なのに、あまり印象に残らない……。なんでだろう?
のどごしのいい、つるんと飲み込める作品で、オカルト・学園モノ・ラブコメの要素がまんべんなく面白いからこそ尖った面白さは無いというか。贅沢な文句だけど。
あと(最初から好感度の高い維月や碧衣以外の)エロシーンが、いきなりなのがちょっと違和感。序盤の先生同士密会エロシーンとか、全体的にエロをムリヤリねじこんだ感じがする。真相ルートのエロはいらなかったんじゃないかな、唐突すぎるうえに理由もエロに特化しててなんか笑ってしまった。

 

基本的にコメディ調で進むので、都市伝説モノだけどまったくこわくない。
一匹狼だけど「ひとりぼっち」を恐れるひなた、おっとりしてるけど実は真相に近い古都、じつは主人公のために行動していた維月、優等生だけど実はエロい碧衣など、それぞれのヒロインのツボを押さえているのはさすが。でも、きわだって印象に残ってる子はいないな……。強いていうなら、ひなたのギャップは良かった。

なんだかヒロインよりも味のあるサブキャラのほうが印象に残ってる…。
古都のメイド・執事や、あきらかにヤバいものを取引してる駄菓子屋のおじいさんなど。特にメイド3人の会話劇はリズミカルでここちよい。

 

自分は『主人公が謎の童女に狂気的な理由で慕われる』シチュエーションがメチャクチャ好きで、その例に当てはまりそう!という理由でフルコンまで読み進めてたんですが、ウ~~~~ン結構違った。というか彼女たちはとてもまとも。
儀式、生贄、双子、と伝奇モノならではの設定は揃ってるけど、湿っぽくないんですよね。会話の爽快さとか、(伝奇モノとしては)良い意味でも悪い意味でもカラッとしてる。でもそれが読みやすさに繋がってるから難しいところ。

 

そんな感じで、面白いんだけど印象は薄い。不思議な作品だった。

2016年のまとめ

この文章を書いているのが2016年が終わる1時間前なので、取り急ぎ今年のことを記しときます。月ごとに印象に残った作品のまとめです。今年はフリーゲームや一般ゲームも色々とやったのですが、それも含めて書くときりがないので恋愛ADVのみで記しておきます。

 

1月
  • SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~

このブログに感想を書いてない(まだブログを作ってなかった)けど面白かったです。『ダーク』+『おとぎ話』という私の好きな要素が混ざっているだけで最低70点は確定。ただ、登場人物の心情の変化について脳みそをフル回転させた結果、Urban Trial Freestyleで頭をまっしろにさせる反動が来てしまい、この作品のことを思うとバイクにまたがったオッサンを彷彿させてしまう。
邪道な楽しみかたになってしまうけど、私はこの作品に出てくるマリス(攻略キャラの女装)がメチャクチャ好きで、「こういうシチュエーションで女装キャラとの倒錯的な恋愛ADVやってみたいなあ……」と感じた。もちろん日之世も好きです。

 

2月

このブログでも感想を書いた作品。
とにかく舞亜と透の関係にハマった。夢も最高だけどやっぱり現実と向き合わなくちゃね、という結論ではなく、バランスが取れてるならどちらにもハマってていいじゃん(要約)に導かれたのがとても好みだった。それだけにFDはやらなくてもよかったなあ……と思ってしまったよ 

 

3月
  • GUN-KATANA(銃刀)―Non-Human-Killer―

いままでやったエロゲのなかで3番目以内には入るぐらいお気に入り。ひとくちに「好き」と言っても、「やってることは眉をひそめるけどキャラ的には好き」や「純粋に性格や生き様が好き」などいろいろあるけど、そういう意味で言うなら登場人物全員好きになった。最初は「主人公が女性なんだ珍しいね」ぐらいにしか思わなかった姫菜にドンドン好意を持てたのが強い、主人公を好きになれるとゲームは楽しい。
FPSパートが面倒だけど、それを乗り越えたあとのFreedomENDは最高だった。
そもそも私は『人間と人外のバディ』が好きだから(雹はハーフだけど)、それに姉弟要素も入ってハマらないワケが無かった。あとアネスがキュート、いままで出会った男の娘でいちばん好きですね。

 

4月

いろいろ忙しかった月。この月に崩したゲームは無し。

 

5月
  • ぼーん・ふりーくす(挫折)

1年積んでたネヴァジスタを崩した月。なのに印象に残ってるのは「ぼーん・ふりーくす」。わたしの嫌いな作業+運でブチ切れそうになったのに、設定と主題歌が好きすぎてなんとかモチベーションを保って続行するものの挫折。このゲームをクリアできるひとはいるんですかね?

 

6月

AB!を途中までやって積んでた月。岩沢さんルートを攻略して放置してるので、2017年には崩したい。というか続編はいつ出るんだろう、来年は……出ないだろうなあ。

 

7月
  • 屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様

【屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様】監視中

メタヲさんと和泉さんコンビ。来年こそは新作が………ムリだろうなあ、おふたりとも多忙なようだし。
ほのぼのスプラッターで倒錯で閉ざされた洋館、という要素がどうあがいてもツボ。メイドちゃんも可愛い、それだけに続編…。

 

8月
  • ヴァルプルガの詩

 「NO,THANK YOU!!!」や「キッキングホース★ラプソディ」などを崩した月。なのに印象に残ってるのはヴァ。兄の行動に??????で、兄のルートの展開に????????で、兄のルートのラストで???????????。ただ、主題歌やEDはすばらしかった。サントラを今でも出してほしい作品、必ず買います。

 

9月
  • 華アワセ 姫空木編

9月にやったのは確かこれだけ。
メイン枠の姫に好感を抱けなかったのでイマイチ楽しめなかったのかと思ったけど、姫以外のルートは楽しかったのでプラマイゼロで結果おもしろかった。3巻は来年崩したいな~、でも「いろは編」が発売してからにしたほうがいいかな。つづきが気になりそうだし。

 

10月
  • バカだけどチンチンしゃぶるのだけはじょうずなちーちゃん

ロープライスでサクッと楽しめるグッドな作品。ヒロインだけでなく主人公も好きになれて、楽しい日常描写と濃厚なエロ、そして後味も最高。悪いところがない。はましまさんのグラフィックもハイクオリティだったよ。

 

11月
  • Room No.9

俺たちに翼はない」と迷ったけど、感想を書いてなかったのでこっちで。
若干のグロテスクな描写以上に、精神的に来る要素が多い。巷にある「セックスしないと出られない部屋」にノンケ2人を閉じこめたらどうなるか?というシチュエーションを悪趣味に書いてくれる最高の作品(ほめてる)。がんばれば1日で終わる中編だけど良い意味……色んな意味で心に傷跡を残すので、気になってるかたはぜひやってほしいです。

 

12月

12月はコレだけ。ホントはキャラ感想をしっかり描きたいんだけど、私の頭が追いつかないばっかりにごめんな。キービジュアルで心をわしづかみにされて、本編の幻想描写で虜に。なのにループの構造をイマイチわかってない。服読本を通販で頼んだので、それを読んだら追記をしたい。

 

まとめ

備忘録がわりに今年の3月から始めたブログでしたが、ご覧になっているかたがいらっしゃったらありがとうございます。
来年こそは今年崩すと言っていたカタハネと灰鷹とレンドをなんとかしたいです。そんなかんじで来年もよろしくお願いします。とりあえず一発目はこの間の記事でも話していたⅤ3で。