闇鍋.exe

恋愛ADV(エロゲ・ボブゲ・乙女ゲ)中心の長文置き場

VITA「月に寄りそう乙女の作法 ~ひだまりの日々~ 」の感想・レビュー

 

おもしろかった。
本作の要素を羅列すると「セレブ」・「女装(主人公)」・「女子校」・「主従」・「服飾」、華やかなモチーフがもりだくさん。そして登場人物のほとんどが良家出身なので、作品全体にやわらかく心地よい、ハイソな雰囲気がある。といっても苛烈なお兄様の存在や「才能」の残酷さも描かれているので、単なるキャッキャウフフで終わらない。

そして今作のテーマは「服飾」「才能」私も「才能」についてメチャクチャ考えさせられる環境にいた経験があり服飾が好きなので、朝日にすご~~く感情移入してしまった。ユザワヤとかトマトで生地を見ると楽しいよね。

 

おれつばが大好きなうえに同じnavel作品で好評価と来れば「本作もいつかやりたい!」と思いつづけて、やっと2018年にプレイできたのでよかった。おれつばは下ネタとスラングがメチャクチャ多く、私はそれも大好きだったんだけど本作ではその要素はほぼ無い。というか王雀孫さんがメインライターだと勘違いしてたんだけど違ったわ、それでも面白かった。小粋で軽快な会話劇はたまらないし、キャラクターもみんな個性的。ギャルゲーならではのブッ飛んだ性格だけど、なんていうか「そこ」に辿り着くまでの過程が描写されているから、「単なる変人」じゃなくて「同感できる変人」という印象だった。七愛の毒舌の意味とか、ユーシェが「~ですわ」「おーほっほほ」というテンプレお嬢様口調を使う理由とか。
それと兄様、兄妹(弟)ネタが好きなので朝日へ巨大な感情を抱く衣遠には正直萌えた。他人の面影を投影する系も好きなので余計にテンションが上がったよ。それはキャラ感想で書きます。


あと、自分はフィクションの世界ならそこまで気にしないけど、「他人の身体的な特徴をネタにするのは好ましくない」って話題がギャルゲで触れられるとは思わなかった。ユーシェはドンドンそれ言ってるものの、「トンチキな日本語」と「外国の人」という要素でうまくギャグに昇華してた。キャラクターの魅力を描くのがウマい作品だなあ。
それと、女性キャラ全員いい香りがしそう。いやギャルゲーの女の子はみんな良い香りしそうだけど、つりおつは「服飾」ようするに美容系がテーマなので「みんなメイクしてるんだろうな」と強く思う、という意味。ジップロックに化粧品いれてるキャラ絶対いない。湊は基本キャンメイク愛用だけどジルのミラーは昔から使ってそう(遊星のために「女の子っぽくなろう!」と思った時期から)

 

女装モノだけど「自分が男」という矜持を朝日(遊星)がそこまで深刻に考えてなかったので、「そういや男だったな」と思うことが多かった。男バレで周囲の葛藤とか同性だと思っている女の子の無防備な姿でウワワワ~とかあるけど、やっぱ朝日が雄(おす)というより雌(めす)の印象が強い。見た目はきれいなメイドさんで声も女の子でエロシーンもコンシューマ版だから見てないので余計。CGもメイド姿のままイチャイチャするのが多いし、なんか百合ゲーやってる気分だった。「女装モノ」という点に惹かれて買ってたら、ちょっと違うかな…とガッカリしたかも。でも私は「女装モノ」にそこまでこだわるタイプじゃないので、上記の部分はほとんど気にならなかった。

グラフィック

パステルカラーとやわらかい絵柄が作品と調和している。キャラデザ複数人だけど塗りが統一されているから気にならなかった。おれつばがメチャメチャ好きだけど西又先生の絵はそこまで好みではない(ごめんね)ものの、この作品ではそこまで気にならなかったよ。鈴平さんはつりおつで初めて出会ったけど好きな絵だった。


ひとつワガママを言わせてもらうと、テーマが「服飾」ならもう一段階「おっ」と思わせるようなデザインが見たかった。上から目線発言だし、わたしもそんな偉そうなこと言えるタイプじゃないけど従来の美少女ゲームの服飾デザインとそこまで差異を感じなかったので。でもデザイン、こと服飾においては好みや時勢や流行でコロコロ評価が変わるし、それこそ千差万別だから難しいね。

予約特典DLC衣装デザイン公開 | Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ- 公式ブログ

たとえば、カリギュラの予約特典DLC私服。スポーツミックスでWEAEに投稿されてそうな、ゲームにしては珍しい私服だなと思ったよ。でもこれも人によっては難しい顔をするから服飾は難しい。上記の例は流行をくみとったファッションだから余計に好みが別れるんだろうな。つりおつみたいにドレス系ならメットガラが近いかもしれない。

まとめ

エロゲ(私がやったのはコンシューマ版だけど、元のレーティング的にブログのカテゴリーは「男性向き-成人」にしとく。)だけど、テーマ的に女性もハマりやすそう。 というか女性に薦めたいギャルゲー。
気持ちの良い主人公、好感を持てるキャラクターたち、服飾の知識がなくても面白いシナリオ、ポジティブな後味。カラフルなマカロンが入ったボックスをひっくりかえしたみたいに、にぎやかで品が良くてドキドキしてこりゃおもしろくないワケが無い。萌えゲーアワードを受賞しただけある良質なエンタメだ。
でもPC版でやっときゃよかったな~、コンシューマだからそういうシーンは全カットで「このあと絶対まだあったんだろうな」ってとこで切られるから見たかったよ。

 

すごく楽しん作品だけど欠点もある、ルートによって完成度が激しい。
個人的に、ルナ様>>>>ユーシェ>>瑞穂>湊。この順序は湊√がメチャメチャつまらないと言っているワケではなく、ふつうに面白い。というかルナ様√が抜きんでている、世間の評判もルナ様がぶっちぎりらしい。私はルナ様のようなタイプ(クーデレご主人様)はストライクゾーン範囲外なのだけれど、それでも朝日との関係にグッと来たし彼女の気高さには胸を打たれた。””さま””という呼称も付けちゃう、なので一番好きなルートはルナ様、でも好みのキャラは七愛とりそなと衣遠。そんな感じで面白かったよ、続編も買っちゃお。2とかFDとかバージョンがいっぱいあってまだ把握してないけど、りそな√があると嬉しいな。

 

続きを読む

「デザート・キングダム」の感想・レビュー

 

これも昔の感想をかるく推敲したもの。 せっかくだし載せます。ただキャラ感想がひとり足りないんだよね…そこの文章だけどこにあるか発掘できなかった。ごめんね。

 

舞台は「砂漠の王国」、主人公は「魔人と人間のハーフのお姫様」。 乙女ゲーだけど、一番魅力的なキャラは姫なんじゃないか?と思うゲーム。オトメイトだし、デフォルト名のボイス有でもよかったと思う。
アスパシアは15歳より幼く見えるロリ顔ロリ体系で強気だけど、魔人生まれということですれたところのない真っ直ぐな少女。人外が蔓延る王国で育っただけに人間の常識に疎く、路上で野宿するわ敬語は全く使わんわ。だけどそのストレートなところが魅力的。「攻略キャラが主人公に惚れた理由がわかるゲーム」ってのは結構レア、彼女の言動を見るとプレイヤーからしても「そりゃ惚れるよなあ‥‥」と思うので。

花邑まいさんがはじめてメイングラフィッカー担当したゲーム(たぶん)。絵柄はカラマリとかアムネシアに比べると、みんな童顔で丸っこい。可愛くて好みだけど「実年齢より若いな!」って感じるときはある。でも花邑さんはこの頃から絵がウマいしメチャクチャ魅力的だ。「女の子を描くほうが好き」みたいな発言を彼女の画集で見たおぼえがあるんだけど、たしかにデザキンの絵柄は丸っこくて「美少女系が好きなのかなー」という印象を抱いた。かと思ったらアムネシア辺りでシャープな男性もメチャクチャうまくなってて、もともと絵がうまかったのに「美少女は美少女として」描けて「イケメンはイケメンとして」描けて、どっちかがうまい人ならインターネットにゴロゴロいるけど両方キメられるならそりゃ人気出るよなあと納得。鬼に金棒だわ。

 

プレイヤーに対するメタ発言もあるし、アラビアンテイストだけど時代考証ふっとばした表現てんこもりだし、ヒロインはウインドウつきぬけてアッパーでツッコミするし、要するにマジメな作品じゃない。パッケージとか明るくて取っつきやすい印象だけど、わりと人を選びそう。上記の通りヒロインのキャラが強いので彼女を好きになれないと本作は楽しめなさそうだし、なによりメタが混じったギャグのセンスが合わないとキツいと思う。でもパロディはあんま無いし、しめるところはちゃんとしめてるよ。ヒロインを好きになれたしキャラの掛け合いは楽しめたし、わたしは面白かった!

 

あとはキャラ感想。

続きを読む

「ハピメア」の感想・レビュー

 

 

meka.hatenadiary.jp

 

この作品をプレイしたのは数年前だけど、作品自体の感想は載せてなかった。(上の記事は内藤兄妹に注目している感想です。)当時のメモが発掘されたし結構長文なので、せっかくだし載せておく。思ったままにサラサラと書いてるので感想というよりはメモ寄りかなー、と思ったけどこのままだとPCのハードディスクで永遠に眠るだけなので載せます。だれかの参考とかになったら幸いです。

 

「そして今日も俺は夢を見る――」 これは甘くて悪い夢の話。

攻略順は、バッド→弥生→景子→咲→ノーマル2種→有栖→舞亜 。さきにFDのOPを見て興味が出た作品だったので有栖の正体については若干ネタバレ踏んでいた。

 

両親不在で一人暮らしの主人公・血のつながりの無いデレてくる妹・金髪ハーフ美少女。 などなどTHEエロゲ!な点を踏まえて、なおかつハーレム日常が多いので「萌えゲー寄りの作品なのかな」と思いつつ有栖ルートやったら『内藤兄妹と「有栖」』の物語だった。 極端な話、ほかのヒロインルートは「幾多の夢(=if)」で、有栖ルート(トゥルーED)の布石になっちゃってる。


童話と明晰夢をテーマにした作品。 この「夢」が本作の良いところであるんだけど、同時に難所。
序盤は「睡眠→マイアの待つお茶会の部屋」のサイクルが続くのだけれど、徐々に夢と現実が入り混じって、その境目がプレイヤーですらわからなくなっていく。 ヒロインたちの夢の世界の衣装、透のメガネ。ふたつの世界を分割していた記号すら、現実世界を浸食していく。 『胡蝶の夢』とも言える入れ子細工が難所で、このゲームの進行具合が不明瞭になる。 ブレイクタイムとされる日常はハーレムが好きなタイプでもキツイんじゃないかなーと思うワンパターン。 クリスマスの姫騒動からサンタとか、正月明けの女体化騒動など、夢ならではの荒唐無稽なものはそこそこ楽しめ。
そんな感じで、これらでギブアップした人も多そう。

 

辛い現実と、思うがままになる現実と同じ夢。どちらを選ぶ?


全編に亘って、この問いが執拗に書かれている。

「夢、幻、現実、嘘、本当。どれが正しいのかしら?それが一番幸せにしてくれるのかしら。」


第2章
「夢は夢だろ。想像の中で幸せになった所でそれは1人でしか幸せになれないんだからな」
つまり、夢に逃げてしまえば周りに居る人を全員置き去りにするということだ。 それは、幸せというには独善的過ぎるんじゃないだろうか。

これに関しては舞亜のセリフが核をついていると感じた。 てっきりヒロインたちの問題を夢で解決していくお悩み相談方式かと思っていたら、「夢は夢で現実の足しにしかならない」、という方式だもんね。

 

全般的に金がかかっているんだなと思うつくり。 そして技術の進歩を感じた。 タイトル画面で放置したらオートデモが始まるのとか細かいな。 CGはエッチシーンの構図が凝っていて、カットインも効果的なんだろうなと思った。 SD絵も表情豊かでキュート。ヒロインたちの扇情的なメルヘン衣装は面食らったけど、弥生のバニーぐらいブッとんだのは好き。スキあればパンツ見せたいのはよく理解したけど、シーンによっては雰囲気ブチ壊しなのがあるのでそこは気になった。 和姦もの。女の子が合意のもとで、アブノーマルなのはマイアのドMホイホイ靴コキとかそのへんかな。

 

少女趣味でゴシック調の「夢」の世界と、学園ものの「現実」が混沌していくので、独特の雰囲気を醸し出している。 途中の妹呼びイベント(兄さん・トール兄・お兄様・透お兄ちゃん)といい、強烈な印象の舞亜といい、本作は妹ゲーだなあ。

 

あとキャラ感想。

続きを読む